借入を快適にするにはもし支払えない時にこうする!

急な解雇、家族の病気、自身の問題などで借入が返済できない。

 

これは誰にでもありうることです。

 

大規模な災害の時などは各金融機関が救済策を出していますので、情報をインターネット等で確認しましょう。

 

相談窓口があります。

 

そうでない場合も、先方に連絡を入れて早めに支払いができないことを伝えることが大切です。

 

相談すれば分割などの支払い方に応じてくれることもあります。

 

また、借入の金額に応じて、とるべき対処が違います。

 

数万円程度でしたら手持ちの品で不要なものを売るなどして捻出することができます。

 

単発のアルバイトをしてもいいでしょう。

 

不用品は本、衣服、コレクターズアイテム等が該当します。インターネットオークションや中古店に持ち込むと売ることができます。

 

費用のねん出が出来ない場合は、司法の力を借りることになるかもしれません。

 

日本司法支援センター、法テラスなどが借入の問題を扱っています。

 

任意整理で民事で減額、民事再生で法的に不動産関係以外の借入は減額、そして自己破産ですべてを帳消しに出来ます。

 

ただし、信用情報の瑕疵登録で数年間新たな融資が申し込めなくなるというデメリットもあります。

 

自己破産は決まった額以上の資産の取り上げ、不動産の没収、官報に名前が載る、警備員など社会的信用が必要な仕事が決まった期間できなくなるなどペナルティがあります。

 

また、自分の娯楽のための借入は債務整理が通用しないこともあります。あくまで最終手段なのです。