借入で知っておきたいこと:総量規制とは?知らないと審査に落ちる危険が!

2010年に完全施行された改正貸金業法は、今まで消費者金融などから借入をしてきた人たちにショックを与えました。

 

グレーゾーン金利の撤廃、返済能力の精査の業者への義務付けと、年収の3分の1以上の融資を貸金業全体でひとりの人にしてはいけない総量規制です。この総量規制が借入をする人に不安を与えたのです。

 

よく誤解をされる事柄をまとめてみましょう。まず、総量規制の対象です。

 

貸金業に該当するのは、クレジットカードのキャッシング枠、消費者金融、リース業であって、クレジットカードのショッピング枠は入りません。

 

 

消費者金融でも総量規制の対象外で借入が可能なところもあるのですが、少ないですね。また、これを越えて借入をしたらはみ出した分は支払わないといけないのか、そして、違反したら逮捕されるのかという疑問もあるようです。

 

貸金業法は融資をする側の規制ですから、借入側には責任をとる必要がありません。また、施行前の契約はそのまま引き継げるので、これからの借入には影響しますが過去に申し込んだものは、関係はないのです。

 

そして、貸金業法は出資法と違って行政罰ですので逮捕はまずありえません。

 

大切なのは、何故総量規制があるのかということです。銀行は銀行法、そして、質屋は質屋営業法で管理されるので、貸金業法は規制できません。

 

かつて適当に融資をして営利主義に走った結果、多重債務者を出してしまったためできた法律なのです。

 

もっとも、今度は困窮した人が闇金融から借入をする要因になったという批判もありますが。