借入で知っておきたいこと:信用情報とは?個人の信用で審査落ち!

ブラックリストという言葉を聞いたことがない方はそう多くはないと思います。残念ですが、それは存在しません。

 

少し信販会社で督促のバイトをしておりましたが、あるのは返済が滞った顧客の情報だけです。実はこの情報は信用情報機関という会社から、提供されているものです。

 

借入の際は、皆様が申込用紙やフォームに書き込んだ情報をもとに収入や仕事の安定性、資産、他社借入の情報と過去の返済歴を調べます。

 

それがストックされているのが信用情報なのです。

 

カードローンやキャッシング、クレジットカード等無担保の融資は借入を申し込む人がその内容でお金を返せるかどうかの信用が担保となります。

 

この信用、お金の返済を出来る人かどうかは共通した特徴があります。

 

それが属性です。収入が高く、申込み額が適正な方はこう属性となります。

 

逆に収入が不安定なのに高額を借りようとすれば低属性となります。

 

高属性の方が借入はしやすくなるのですが、様々な要素が絡むため、与信枠がこの条件なら付くということはないのです。

 

審査の要素は各社トップシークレットです。

 

ただし、月単位の遅延や、債務整理等は金融事故として数年記載されます。

 

この情報がある限り、新たな借入はまずできません。

 

信用情報機関は日本の民間の会社ですが、数社しか存在しないのです。

 

同じ会社を各金融機関が使っている率は高いです。申込みを受けた金融機関と申し込んだ人は開示請求が出来ますので借入の前にチェックしてみてはいかがでしょうか。