借入で知っておきたいこと:法制度と金融業についての豆知識

借入をする時には、法律が改正されることによって諸条件が変化することを知っておくことが大切です。

 

現実に2010年に改正された貸金業法の総量規制のあおりで借入する人の年収の3分の1以上は融資が出来ず、キャッシング枠での利益があがらないことや今までグレーゾーン金利で出資法の上限29.2パーセントまで貸し出せたものが20パーセント以下、融資額に反比例に下がっていく金利の分しか取れなくなったことで、クレジットカードのショッピング枠の金利がおおむね若干上がったことがあります。

 

割賦販売法も改正され、キャッシング枠が別枠になったのです。

 

銀行傘下に多くのキャッシングをする消費者金融が入ったのもこの時です。

 

資金繰りに困って大企業の陰に入らないといけなくなったのです。

 

何故、ここまで大きな変化が起きたのかというと、昔はキャッシングもクレジットカードもカードローンもなく、多重債務やグレーゾーン金利というような問題がここまで噴出するという事を想定できていなかったのです。問題が起きるたびに法律が改正されていきます。

 

また、憲法、民法、刑法、刑事訴訟法、民事訴訟法、商法のような法の根幹となる法律を改正したときは他の法律も変わるので、借入をする時には金融庁等の情報を確認しておきましょう。

 

特に、長期返済になりやすい住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどの借入は制度の変化によって金利やシステムが変わりやすいので金融業者の情報を随時確認しましょう。