借入で知っておきたいこと:金利とは?知ってるようで実は知らない事

利息が借入のもとのお金、元金に占める割合、それが金利や利率です。

 

法的には元金と返済時ATM手数料以外の債権者に支払うお金は、利息となります。これはみなし利息と呼ばれています。法律によって、とってよい金利が決まっています。

 

現在は出資法の20パーセントが金融業者の融資額の上限で、これに違反した業者は検挙の対象になります。

 

個人の場合は109.5パーセントの利息をとれます。また、この数字は年利であって、日賦での融資の場合はもう少しとれることもあります。

 

借入の金利や方式は金融業者によって違います。

 

通常は利息制限法によって決められた融資額が10万円までならば20パーセント未満、10万以上100万までの場合は18パーセント未満、そしてそれ以上の場合は15パーセント未満という規定を守っています。

 

銀行法、貸金業法、割賦販売法、質屋営業法が関連する借入にまつわる法案です。

 

金利に関しては借入の種類によって、契約内容によって違います。

 

目的が決まって高額になる住宅ローンや教育ローン、自動車ローンなどが一般的には金利が安いのですが、変動金利と固定金利があるのが落とし穴です。

 

市場の動きによって借入額に対する金利が変動するのが変動金利です。

 

金利が低い時には得をしますが、あがった場合は高い金利を支払うリスクが生じます。

 

固定金利は決まった金利でずっと支払っていく方式で、金利が高い時は得をして安定します。

 

ですが、安くなったときには変動の恩恵を受けられないのです。借入をする時には、状況を見てどの方式を選ぶか考えましょう。