借入の種類と目的:目的によって借入の種類を選ぶ

このお店はクレジットカードを使える、ここは現金だけというようなことがあります。

 

借入は目的によって、その人に合う業態やサービス内容が違います。参考までに申しますと手許に有るカードは2枚、片方はクレジットカード、もう片方はカードローンの品です。

 

クレジットカードの借入は付帯サービスが多いので、利用しています。カードローンは、現金で支払わないといけない状況になった時に、使うことにしています。

 

双方とも、自分や家族が急に病気になった時の抑えにも使います。新幹線や飛行機はクレジットカードでチケットを買った方が楽ですし、看取り等になると細かい費用が掛かります。その分はとりあえず借入にしてしまって利息がかからない状態で返済が出来る時期にかえしてしまうのです。

 

借入をする前に、自分の借入の理由を考えましょう。いつも手持ちの品の写真を撮ってあります。

 

こうしますと、これはよく似たものを持っているから買うのはやめよう、これとよく合う服を探そうという風に計画を練りやすくなります。本当に欲しいものはローンを組む価値がありますが、そうでない場合は考えて購入を止める勇気も必要です。

 

借入の際に賭博、他社返済、高級品の購入などが目的ですと、与信に若干影響を与えることがあります。返済不能に陥りやすい理由の筆頭なのです。支払い方は融資以外にもさまざまなものがありますから、目的をはっきりさせた借入をしていくことが大切になってきます。