借入の種類と目的:金融業者の種類について

消費者金融をサラ金と呼ぶ、闇金融と混同する、少々古い認識だと言わざるを得ません。

 

借入に関する情報をインターネット等で見ますと間違っていることも多いので、要注意です。

 

何故、サラ金という言い方をしないかといいますと、かつて利益追求で誰にでも貸して、悪質な取り立てをする担当者がいたため、消費者金融のイメージが悪化した、また、女性や自由業、非正規雇用の人でも借入をするようになったという背景があります。

 

サラリーマンではない人が使うから消費者金融といういい方になったのです。

 

闇金というのは、特定の金融業者ではなく貸金業の届を出していないのに融資を行う、または金利などにおいて法律に背いている非合法の業者の総称です。

 

消費者金融は正規の業者です。今は信販会社、クレジットカードの発行元や銀行傘下に入っているところが多いのです。

 

銀行はもっとも資本力が高く事業用、もしくはカードローンそのほか各種ローンのバリエーションが豊富という特徴があります。

 

融資の上限が最も高く、金利も安いのです。ただ、その分借入の時与信枠をもらえる基準がきつくなりがちです。

 

少額の借入なら、貸金業法のもとにある消費者金融や信販会社の方が若干金利が高いものの、小回りが利くという事実があります。

 

他に質店なども個人経営で小規模のことが多いのですが、借入を申し込みやすい金融業者の典型例です。

 

あくまで傾向であって、申込み時の条件等によって使いやすさや返済のしやすさは変わります。