事業用の借入手順を【金融業界人】が詳しく説明!

個人事業主です。事業用の借入について詳しく知りたいです。

はいわかりました。順を追って説明します。

 

まず事業には運転資金が必要です。大企業などでも、借入は実績が必要ですし、将来への展望が無いと融資は受けられません。中小企業や個人事業主にはもっと厳しいものです。

 

今は、会社に勤めて働かなくとも家でできる仕事もあります。インハウスという形態です。

 

よく、好きな時に仕事が出来て暇でいいと思われがちですが、決まった仕事量をこなさないといけないので大変ではあります。機材も必要な業種もありますし、小規模のレンタルオフィスを使う人もいます。

 

アクセサリー実作者としての側面も持ち、委託やアマチュア向けのコンペ等に出すこともありますが、材料費の工面が大変です。

 

問屋に行って買うことが多いのですが、現金払いが多く、クレジットカードでは対応しきれません。

 

通常のキャッシングや、カードローンも使えるのですが、個人事業主では収入が不安定ですので、上手くいかないのです。

 

事業主向けのクレジットやキャッシングのサービスをしているところから借入をすることも可能です。収入がコンスタントにあるということが分かれば申し込めます。

 

面白いのがきちんと仕事をしているかわかるようにする在籍確認という電話が、自分の携帯にかかってくるということです。

 

あまり、収入が少ない、実績が無いということですと融資は難しいのですが、借入のお金は事業以外にも生活費にも使えます。

 

仕事が軌道に乗る前は収入が安定しないので、生活費が必要です。ただし、借入したお金は本人以外は使えませんのでご注意ください。